事業案内

事業案内

フロン排出抑制法
業務用エアコンを所有のみなさまへ 
ご存知ですか? 2015年4月施行のフロン排出抑制法により業務用冷凍空調機の点検が義務化となります。
ご使用のお客様は、以下の事が必要です。


弊社は、メーカーサービス協力店であり、適切なフロンガスの処置・管理を進めています。
御社のフロン排出抑制法のお手伝いをさせて頂きます。
フロン排出抑制法(平成27年4月施行)環境省フロン回収・破壊法が改正され、
「フロン類の使用の合理化及び管理の適正化に関する法律」(略称「フロン排出抑制法」)として平成27年4月1日から施行されました。

第一種特定製品が対象(空調機・冷凍機・チラー・冷蔵庫・冷凍庫の内、業務用の機器)
※ルームエアコン及び車輌エアコンを除く。


管理者(使用者・所有権を有するもの)の役割と責務
①機器を適切に点検維持・確保すること
②機器からフロンが漏洩した時に適切に対処すること
③機器の点検・整備・修理に関して

フロンの記録をその機器を廃棄するまで保存すること
※導守状況については、都道府県知事が監督(指導・助言・勧告・命令)

具体的な内容
①について
1) 凝縮器・熱交換器・ドレンパンなどの付着物を定期的に清掃すること
2) 機器の点検は、以下の2種類を行う必要があります

【簡易点検】
全ての機器を対象とし、3ヶ月/回以上の点検を行うこと

【定期点検】
一定規模以上の機器について、簡易点検に加え専門知識を有するもの(冷媒フロン類取扱技術者:冷媒フロン類を回収・充填する事を業として行う者であり、都道府県知事の登録を受けた者)が点検を行う必要がある



定期点検の対象機器と点検頻度
定期点検
1)漏洩箇所が概ね特定出来る場合には、直接法(発泡液法、電子式漏洩ガス検知装置法など)により点検
2)その他の場合は、間接法(蒸発圧力等が平常運転時に比べ異常値となっていないか計測器等を用いた点検)により点検

②について
点検や修理をしないまま冷媒ガス充填を繰り返すこと(繰り返し充填)の禁止

ガス漏洩がある場合、大気中に放出されているため、修理及び適切な管理をすることが義務付けされました。
大気中に放出することは、法律に違反する行為であり、罰則規定があります。
点検や修理をした時の冷媒回収・充填等の履歴を機器ごとに記録します。

フロンの漏洩量報告について
管理者から事業所管大臣への報告
当年度4月1日から翌年3月31日までの期間を対象として毎年度7月末までに報告する必要があります。(初回報告は、平成28年7月末)

報告された情報は、公表されます。
※虚偽報告の場合は、過料に処せられます。
フロンをみだりに放出した場合、1年以下の懲役又は50万円以下の罰金。
点検義務や漏えい時の対応、記録の保管に違反した場合、50万円以下の罰金。
など



フロン法の対応が分からない全オーナー様

こんなお悩みありませんか?
フロン法の対応が分からない全オーナー様
定期的な点検とか言われてもどうやっていいのか?
もし、フロンが漏えいした時には誰に相談すればいいの?
記録の保管方法や、書類の書き方がわからない
どれだけの量が漏えいしたら誰にどう報告しないといけないの
定期的な点検・フロン漏えい時の対応・記録の保管・算定漏えい量の報告
弊社にお問い合わせください、すべてのお困りごとを解決します。

お問合せはこちらから





それは地球環境を守る為に必要なのです。
地球の温暖化やオゾン層の破壊、酸性雨による汚染などいわゆる地球規模での環境問題が深刻化しています。
とりわけ地球温暖化問題については、今後、地球温暖化防止のための対策をとらない場合、2100年には地球の平均気温が1.4~5.8度に上昇すると予想され、海水面の上昇や熱帯地方特有の伝染病の拡大、農作物の減少など将来世代の重大な影響が懸念されており、県民、事業者、行政などが連携、協力して、温室効果ガスの排出削除を進める必要があります。

オゾン層の保護及び地球温暖化の防止の為に、使用されているフロンの大気中への抑制することが重要なのです。
このため、業務用冷凍空調機器及び、カーエアコンを対象に、機器が廃棄される際にフロン回収等を義務付けた『特定製品に係るフロン類の回収及び破壊の実施の確保等に関する法律』(これをフロン回収破壊法といいます)が平成13年6月に制定されました。
そこで埼玉クリーンサービスでは環境に関するご協力をしています。
フロンガス認定事業所として、フロンガスの回収をバックアップします。

※お気軽にご相談下さい。
お問合せはこちらから


21世紀のクリーンな環境づくりのために、消費者(排出者)、小売業者様、製造業者等それぞれがお互いに協力しあってこの新しい仕組みに、取り組みましょう。

家庭リサイクル法とは

現段階では使用済みの家電製品のうち、エアコン・テレビ・冷蔵庫・洗濯機の4品目が対象とされています。
これらの収集・運搬や、リサイクルを実施するために、家電メーカーや輸入業者・家電小売店・消費者にそれぞれの役割をさだめています。

そこで埼玉クリーンサービスでは環境に関するお手伝いをしています。
家電リサイクル券システム取扱店として、適正な処理をします。

お問合せはこちらから


省エネルギーで地球環境を保全する

地球の温度は、太陽から照射されるエネルギーと地球自体が放射するエネルギーのバランスによって保たれています。
しかし現在は、温室効果ガスであるにCO2が増加して、そのバランスが崩れ、温暖化が進行しています。
CO2の排出を抑制するためには、省エネが効果的で、「省エネ法」の改正など、国をあげて省エネルギーに取り組んでいます。


地球温暖化を防止するために、私たちは何が出来るのでしょうか・

エネルギーを大量に消費する今日の社会を作っているのは、ほかならない消費者である私たちです。
生活の中から余分な消費を抑え無駄なく生活することで、温暖化の原因となるCO2を少なく出来るのです。実は、簡単なことや、やりやすいことからやり始めたとしても、いろんなことが温暖化の防止対策になるのです。
一人ひとりの行動は全体から見れば小さいものかもしれませんが、日本に住む1億人以上の人たちが同じように行動すれば、その積み重ねは想像以上に大きなものになります。
もう一度今の生活を見直して、環境に優しい暮らし方心がけていきましょう。
そこで埼玉クリーンサービスでは環境に関するお手伝いをしています。
設備機器全般の省エネルギー対策について、ご提案をさせていただきます。

整備における省エネ方法
個別デマンドによる省エネ方法等

お問合せはこちらから