SCS 埼玉クリーンサービス

省エネフロンガス回収事業リサイクルご質問とお問合わせ会社案内ホームISO14001HACCPとは排水について

フロンガス回収事業

なぜ今、フロン回収事業が必要なのか?

“それは地球環境を守る為に必要なのです。”

地球の温暖化やオゾン層の破壊、酸性雨による汚染などいわゆる地球規模での環境問題が深刻化しています。とりわけ地球温暖化問題については、今後、地球温暖化防止のための対策をとらない場合、2100年には地球の平均気温が1.4〜5.8度に上昇すると予想され、海水面の上昇や熱帯地方特有の伝染病の拡大、農作物の減少など将来世代の重大な影響が懸念されており、県民、事業者、行政などが連携、協力して、温室効果ガスの排出削除を進める必要があります。
オゾン層の保護及び地球温暖化の防止の為に、使用されているフロンの大気中への抑制することが重要なのです。
このため、業務用冷凍空調機器及び、カーエアコンを対象に、機器が廃棄される際にフロン回収等を義務付けた『特定製品に係るフロン類の回収及び破壊の実施の確保等に関する法律』(これをフロン回収破壊法といいます)が平成13年6月に制定されました。

※フロン回収破壊法で対象となる特定製品
第一種特定製品
・業務用の機器で、冷媒としてフロンが充てんされているエアコン、冷蔵機器及び
・冷凍機器(自動販売機、トラックの荷台側を含む)
第二種特定製品
・冷媒としてフロンが充てんされている自動車用エアコン
(トラックの運転席側はこちらに含まれる)
そこで埼玉クリーンサービスでは環境に関するご協力をしています。
フロンガス認定事業所として、フロンガスの回収をバックアップします。
ご質問とお問合わせ
※お気軽にご相談下さい。
 
▲UP